リンパドレナージュのおすすめ本・3選

リンパドレナージュについて学ぶのであれば、やはり講座などが一番現実的ですよね。

 

今は色々なところでリンパドレナージュの講座が開講されていますので、リンパドレナージュについて学ぶ機会も自然と多くなってきています。

 

ただ、講座で学ぶだけでなく「独学でもいろいろなことを学びたい」と考えている場合は、本をよんでみることをお勧めします。

 

本を読むことで、また違った側面からリンパドレナージュを知ることもできますので、「より知識を深めたい」と考えている人にはオススメですよ。

 

では、ここで「リンパドレナージュについて学びたい人にオススメの書籍」をご紹介しましょう。

 

「ダニエル・マードン式モダンリンパドレナージュ リンパの解剖生理学

アマゾンで、結構な高い評価が集まっているのがこちらの本。

 

リンパドレナージュのやり方だけでなく、具体的なリンパの働きや血液の働きなど、体のことをしっかりと学ぶことができ本になっています。

 

私たちは「リンパ」という言葉を何気なく使っていますが、言われるほどリンパについて詳しくないこともありますよね。

 

その解っているようで解っていないような部分を、サポートしてくれるような内容になっていますので、「リンパドレナージュが身体にどんな影響を与えるのか」などを知りたい人にオススメ。

 

レビューを見ると、「医学的な言葉が少なく、知識がなくても理解しやすいように記述がされているので、読みやすい、解りやすい」とありました。

 

リンパドレナージュを学びたいと考えている人に、とてもオススメの本です。

 

リンパ浮腫を自分でケアする

ガンの後遺症として「リンパ浮腫」という症状があることは、あまり知られていません。

 

リンパ浮腫は、リンパの流れが停滞してしまうためにリンパ液や水が溜まってしまう症状のことです。

 

この症状の改善に、リンパドレナージュがよく使われるようになってきました。

 

そのリンパ浮腫を、自分でケアするという内容の本です。

 

「自分でケア」という内容なので、一見すると「患者さんのための本」と思われがちなのですが、レビューをみると看護師さんなどが購入しており、医療の資格を持っている人も読んでいる本であることが解ります。

 

ガンとの戦いは「治療して終わり」ではありません。

 

その後、どうやって後遺症と闘うのかは患者さんにとっても医療機関にとっても大きな問題です。

 

「リンパ浮腫」の問題をきちんと理解したいと考える人に、オススメしたい本です。

 

ボッダー式マニュアル・リンパドレナージュ

こちらは「本」ではなくDVDなのですが、書籍扱いで販売されているのでご紹介。

 

リンパドレナージュの手法について、動画でしっかりとみることができるDVDです。

 

いくら素晴らしい本でも、文字や絵で書かれた手法はなかなか理解できないことが多いですよね。

 

このDVDでは、実際にリンパドレナージュのやり方をDVDで見ることができますので、そういった意味で「学びたい」という人におすすめしたいDVDです。

 

アマゾンで書籍扱いで購入することができるので、一度みてみてはいかがでしょうか?

 

「リンパドレナージュの技をみて覚えたい」と考えている人に、一度手に取ってみてほしいDVDです。