「経路リンパセラピスト」とは?

「経路」とは?

東洋医学には「経路」という考え方があります。

 

身体の中には「臓器」があることをみなさんご存知ですよね?

 

この臓器と体のツボは?がっていて、そのつなげるものが「経路」という考え方になります。

 

よく、体のツボという言い方をするでしょう。あれは、この東洋医学に沿ったものなのです。

 

この臓器が弱ったり、悪くなったり…ということがあると、経路もしくはツボに影響が出ますので、逆にこのツボや経路を良くすれば、内臓の状態も改善できるというものです。

 

「経路」という言い方をすると難しいですが、日ごろから「●●のツボ」という言い方をすることを考えれば、私たちの身近にある技術であるということが解りますね。

 

では、「リンパ」とは?

では「リンパ」とは何なのでしょう。

 

私たちの体の中には、「リンパ管」というものが通っていて、中にはリンパ液が流れています。

 

このリンパ液がリンパ管の中を循環し、体中の老廃物を回収し、排出のお手伝いをしてくれることで、私たちの身体は健康を保つことができています。

 

さらに、体の中には「リンパ節」という器官が数百個存在し、万が一体に有害なウィルスが回ってきたとしても、このリンパ節で食い止めて全身に回るのを防いでくれます。

 

実は、「リンパマッサージ」と呼ばれるマッサージにはこのリンパ節が大きくかかわっています。

 

身体に有害物質がまわるのを抑えてくれる大切な器官であるリンパ節ですが、じつはこのリンパ節がリンパ液の流れを滞らせてしまっていることもありますので、マッサージをして流れをよくしてあげるのが「リンパマッサージ」の役割になります。

 

経路、リンパ、このふたつを刺激するのが「経路リンパマッサージ」です。

 

リンパマッサージでは、一般的にはリンパを刺激するマッサージと言われています。

 

同じ様に、「経路」の場合はツボを刺激します。

 

この二つの要素を組み合わせたものが「経路リンパマッサージ」になります。

 

ツボを押すことで体の臓器の状態を良くすること、そしてリンパマッサージを組み合わせることで、よりよい体の状態を作り上げていくことを目的としています。

 

経路リンパセラピストとは?

まず、「経路リンパセラピスト」と一言で言っても、いろいろな目的で資格認定をしているスクールがあります。

 

とあるスクールでは、実際に「針灸師」として活躍している人物が開発した「経路リンパマッサージ」を独自に開発し、認定講座を実施しているそう。

 

針灸師は日本の国家資格。実際に人の体についてきちんと学んでいる人が「経路リンパマッサージ」を生み出したというのは非常に大きな意味があることです。

 

また、美容に重きをおいた「経路リンパセラピスト資格取得コース」を用意しているところも。

 

ここでは「ボディコース」「フェイシャルコース」などの種類があり、自分が学びたいと考えているコースを選びつつ学習をすることができます。

 

経路リンパセラピストの資格を取得するための学習だと、経路についてもリンパの働きや流れについても学習をすることができますので、より幅広い学びを期待できそうです。

 

リンパマッサージの一つとして、「経路リンパセラピスト」があることを頭においてみてほしいですね。