リンパドレナージュの起源とは?

リンパドレナージュのはじまり

今でこそ日本で有名な存在となっているリンパドレナージュですが、その起源をたどってみましょう。

 

実は、リンパドレナージュは日本で生まれた技術ではありません。

 

開発したのはデンマーク人のエミール・ヴォッダー氏。

 

1930年代に、エミール氏は「リンパの流れが悪くなると、人間の体の健康に悪い影響が出る」ということに気づきました。

 

そこで、停滞したリンパの流れをよくするためにエミール氏がつくりあげたのが「リンパドレナージュ」です。

 

彼は1936年にリンパドレナージュを完成させ、その存在はヨーロッパで少しずつ広がっていったのです。

 

そのリンパドレナージュが日本にやってきて、現在は様々な形で広められるようになりました。

 

いろいろな形があることが特徴

一言で「リンパドレナージュ」といっても、その方法はさまざま。

 

日本だけでも数多くの講座やスクールがあり、資格の種類も様々です。

 

資格だけでも、

 

・ボッター式MLD資格(ジャパン・エコール・アロマテラピー)
・医療リンパドレナージセラピスト(日本医療リンパドレナージ協会)
・リンパ浮腫セラピスト(医療従事者対象・日本法人リンパドレナージスト協会)
・リンパドレナージスト(日本法人リンパドレナージスト協会)
・リンパドレナージュ(級で認定・日本リンパドレナージュ協会)

 

など、本当にたくさんのものがあります。

 

また、家庭で学習することができる通信講座でも学習が行われており、スクールから講座まで本当にいろいろなところで学ぶことができるようになっているのが現状ですので、「学びたい」と考えている人にとっては環境が整いつつありますね。

 

リンパ系のマッサージは日本にたくさんの種類がありますが、その中でリンパドレナージュは少しずつ存在感を高めています。

 

これからも進化していく可能性が

リンパドレナージュは、1936年に誕生してからヨーロッパで育ち、さらに多くの国に広まっています。

 

日本にやってきて、美容から医療(国家資格ではありません)まで幅広い使われ方をしているように、今後もまた進化を遂げて、新しい技術が出てくるかもしれません。

 

ヨーロッパで一人の人物が誕生させたこのリンパドレナージュが、どれだけの可能性を秘めているのかが楽しみですね。