リンパドレナージュ|仕事の需要はどれくらいある?

美容サロンやリラクゼーション施設では、リンパドレナージュの施術も実施しています。

 

求人をみると、リンパドレナージュを行っているサロンの情報が出てきますので、施設やサロンでの需要は少なくはないのではないでしょうか?

 

調べてみると、大手スポーツクラブの中にあるサロンで施術を受けられることもありますし、出張ボディケアを行っているサロンで募集をしていることもあります。

 

なかなか遠出ができないという人にとって、出張ボディケアは「自宅でマッサージを受けることができるチャンス」。

 

サロンで働くだけでなく、こういった「出張」という形でお仕事をするのもアリかもしれませんよね。

 

出張だと、仕事が終わった夕方から…など、いろいろと時間の融通もきくようです。

 

自分の仕事と両立させたいと考えている人には、この「出張」を取り入れているサロンを探してみると、時間を上手く使ってお仕事ができるかもしれません。

 

医療関連でリンパドレナージュの需要が広がる可能性も

また、医療関連でリンパドレナージュの必要性が高まる可能性があります。

 

このサイトでも何度か指摘していますが、リンパドレナージュは「ガンの後遺症で起きるリンパ浮腫」の改善に使われることもあり、医療系の資格を取得している人限定で講座も開講されています。

 

看護師や医師など、特定の国家資格を持っている人のみが受けられる講座であることが多いですが、それでもリンパドレナージュの存在が医療業界で光っているというのは確か。

 

リンパ浮腫というもの自体、まだまだ認知度が低く多くの団体がその知識を広めようと頑張っています。

 

リンパドレナージュについての知識が広がることで、このリンパ浮腫の知識についても広まっていく可能性がありますので、そういった意味でも大きな役割を果たすかもしれません。

 

リンパ浮腫に悩み、苦しんでいる人はたくさんいます。

 

「ガンは治療して終わりではない、いろいろな難しさがあるのだ」ということが、リンパドレナージュと一緒に広まって行ってくれたら…と願わずにはいられません。