リンパ浮腫の治療方法とは?

まずは「温存」という方法を

あまりに酷いリンパ浮腫の場合は「医師が手術をして症状の改善を」ということも考えられますが、多くは生活習慣の改善などの工夫をして治療をしていきます。

 

まず、リンパ浮腫になるとその部分で炎症が起きてしまうこともありますので、それを避けなければなりません。

 

万が一こうして炎症が起きてしまうと、リンパ浮腫がますます悪化してしまうことになるためです。

 

そのため、リンパ浮腫で悩まされている人の多くは「スキンケア」を意識していきます。

 

スキンケアをすることで炎症を防ぐことができるようになりますので、まずは「リンパ浮腫が悪化しないように対策をしていく」ということが大切になるわけですね。

 

リンパ浮腫が起きると、その部分はひびわれなどの症状がおき、細菌が入りやすい状態になってしまいます。

 

だから、細菌ができるだけ入らないように日ごろから意識してスキンケアをしていくことが必要です。

 

また、なにかおかしいなと感じたらすぐに受診をすること。

 

水虫なども、リンパ浮腫の原因になりやすいと言われていますので注意しなければなりません。

 

リンパドレナージュによる改善方法

リンパ浮腫の現場で多く使われているようになっているのが「リンパドレナージュ」の存在です。

 

海外で生まれたリンパドレナージュは、「リンパの流れを活性化する」という目的を実現することができるもので、だからこそリンパの流れが停滞するために起きる「リンパ浮腫」に効果があると言われています。

 

日本において「美容」という印象が強いリンパドレナージュですが、近年はリンパ浮腫への治療法として見直されており、医療関係者にむけて指導を行っている団体もあります。

 

リンパドレナージュは自分でやり方を学んで実践することもできますが、もしリンパ浮腫になやまされている人がいるのであれば、やはり医療関係者が行うリンパドレナージュを頼った方がいいでしょう。

 

リンパドレナージュを知る医療関係者であれば、この症状に苦しむ患者さんの辛さを理解もしてくれますし、相談相手になってくれるはずです。

 

リンパ浮腫の存在は、まだまだきちんと知られているとは言えません。

 

また、知っていたとしても痛みがないために見逃されてしまうことも多いです。

 

きちんと知識がある医療関係者に相談をすることで、抱えている悩みが少し軽くなるかもしれませんよ。