自分でリンパマッサージをおこなう際の注意点

自分でリンパマッサージをするとしても、やはり「正しいやり方」でやらないと、望んだような効果を得ることは難しいです。

 

また、リンパマッサージの場合は「リンパ」への施術になるので、正しいやり方で行わなければ身体を傷めてしまったり、却って症状を悪化させてしまう原因になるかもしれません。

 

まず、リンパマッサージをする前に「正しいやり方」を学びましょう。

 

リンパマッサージは、きちんとしたやり方で行って、はじめて望んだ効果を得ることができるものです。

 

リンパの場所を正しく覚えること

リンパマッサージをするには、当たり前ですが「リンパの場所」を正しく把握する必要があります。

 

きちんと「どこにリンパがあり、そこをマッサージすることでどんな効果があるのか」について学びましょう。

 

中には、軽く場所を確認するだけで適当にマッサージをしてしまっている人もいます。

 

これでは、せっかくマッサージに時間をとっても正しい効果は出にくいですよね。

 

そうではなく、最初は慣れるつもりでじっくりと時間を取り、正しいマッサージ方法を馴染ませていくことが大切になります。

 

正しい方法でマッサージをしてはじめて、リンパマッサージの効果が期待できます。

 

丁寧にマッサージをしましょう

当たり前のことですが、意外にできていないのがこれです、「丁寧にマッサージをする」こと。

 

最初は丁寧にマッサージをしていたのに、最近はなんだか適当になってしまっている…という人はいませんか?

 

その状態だと、マッサージをしても効果は得にくい可能性があります。

 

マッサージは、正しい方法で丁寧にやってこそ効果があるもの。

 

そこをおざなりにしてしまうと、「マッサージをしているようで実はできていない」などの問題が出てきてしまいます。

 

「どんな時でも、丁寧に」を心がけてマッサージをしましょう。

 

体を温めた後にマッサージをすると、より効果的に♪

マッサージは、体を温めたあとに行うことでより高い効果が期待できます。

 

お風呂からあがったあとや、運動をしたあとにマッサージをしてみると、さらにマッサージの効果が上って行きますのでおすすめですよ。

 

どうせマッサージをするなら、できるだけ効果が高くなるように工夫をしたいものです。

 

こうして、少しの工夫で効果の高まりが期待できますので、出来る工夫はすぐに取り入れていきましょう!

 

お風呂に入った後のマッサージを、癖にしてしまうといいかもしれませんね。