ICCA認定「リンパドレナージセラピスト」とは?

「ガン」の世界で活躍するリンパドレナージセラピスト

医療の進歩から、現代ではガンの治療も少しずついいものにかわってきています。

 

中には、初期であれば再発の危険性もなくきちんと処置ができるものも増えてきました。

 

しかし、ガンを治療したとしても後遺症として「リンパ浮腫」という症状が出てくる可能性があることをご存知でしょうか?

 

何らかの理由でリンパ管の働きが悪くなると、リンパ液などが詰まって流れが悪くなってしまい、そこに水やリンパ液がたまってしまいます。

 

この影響からできたむくみを「リンパ浮腫」と呼んでいます。

 

ガンを治療したひとすべてがこの後遺症に悩まされるわけではありませんが、症状が出るとかなりむくみが大きくなりますので、生活改善など家族の協力も必要になってきます。

 

この「リンパ浮腫」の治療のために活躍しているのが、こちらで紹介している「リンパドレナージセラピスト」の存在です。

 

リンパドレナージセラピストは、医師の診断や診察を聞いたうえでリンパ浮腫の患者さんにマッサージやスキンケアを行うものです。

 

それだけでなく、生活指導などを行い「どうやったらリンパ浮腫を悪化させないか」を一緒に考えていく存在でもあり、リンパ浮腫に悩む人には非常に心強い存在です。

 

特定の国家資格を持っている人限定の資格

まず、ICCAは「ICCA医療従事者研究会」の略。

 

そして、ICCAは「リンパ浮腫研究会」に加入している団体のひとつであり、リンパ浮腫に関してかなり積極的な活動をしています。

 

そして、ICCAが認定を行っている「リンパドレナージセラピスト」は、医師・看護師…理学療法士・作業療法士のいずれかの国家資格を持っている人のみが取得できる資格です。

 

この国家資格を持った上で、「がんのリハビリテーションセミナー新・リンパ浮腫研修」と、リンパ浮腫研修会の認定スクールや講座を受けることで取得することが可能です。

 

医療従事者、それも国家資格を持った人のみを対象にしていることを考えると、この資格を持っていない人が取得を目指すというのはかなり大変かもしれません。

 

このICCAで資格の取得をすると、リンパドレナージに必要なアロマオイルなどを安く購入できるなどの特典もありますので、資格をもともと持っている人にとってはメリットが大きいかもしれませんね。

 

まずは無料説明会から

ICCAでは、リンパドレナージストの資格に関する説明会を実施しています。

 

もし、医療関係者で指定の国家資格を持ち、この資格をとりたいと考えている人は、まず説明会に出てみることを考えてはいかがでしょうか?

 

ここでは質問も受け付けていますので、疑問点がある場合はここできちんと質問をして、どんな目的で何を学ぶのかをきちんと知っておくことをお勧めします。

 

リンパ浮腫はむくみが出るために、見た目の問題でも苦しむ人がいます。

 

ガンの大変さは多くの人に良く知られていますが、リンパ浮腫という後遺症についてはまだ周知されていませんので、こういった団体やそれにかかわる資格従事者が活躍していくことは、今後のがん治療に前向きな影響を与えていくのではないでしょうか。