リンパドレナージュの資格|どんな人に向いている?

リンパトレナージュのセラピストはどんな人が向いている?

少しずつ広がりを見せているリンパドレナージュですが、この施術はいったいどんな人が向いているのでしょう?

 

リンパトレナージュのセラピストにあってほしい施術をまとめてみました。

 

サロンやリラクゼーション施設で働くことが多い

まず、リンパトレナージュの資格をとったセラピストが働く場所の多くは「サロン」もしくは「リラクゼーション施設である」ということが重要です。

 

最近はこういった「癒し」を提供するサロンが増えてきていますが、訪れる人は「美しくなりたい」と同時に「癒されたい」「日ごろの疲れをとりたい」と考えていることが多いです。

 

エステサロンの内装やサービスをみてみると、どこも女性がリラックスできるような雰囲気づくりを大切にしていますよね。

 

つまり、働く側は「優れた技術」はもちろん「癒してくれる存在であること」も、セラピストに求めています。

 

だからこそ、セラピストは「人を癒してあげることができるような存在であること」が大事。

 

柔らかい口調で、話を優しく聞いてくれるような存在であることが求められます。

 

自分の美しさにも気を使える

エステティシャンもそうですが、そこで働くスタッフと言うのはお店の看板でもあります。

 

エステにいって、そこで働くエステティシャンのお肌がボロボロだったり、疲れ切った顔をしていたり…ということがあったら「自分も受けたい」と思うでしょうか?

 

思わないですよね。

 

だからこそ、サロンで働くセラピストはきちんと美に気を使って、美しくあらなければなりません。

 

エステサロンにせよ、リンパドレナージュにせよ、サロンに通うには多額のお金がかかります。

 

そのお金を出してまで「美しくなりたい」と思わせることができるような、説得力のあるセラピストであることとは必ず求められるでしょう。

 

コミュニケーション能力の高さは重要

最初はどんなセラピストでもサロンなどで働いて、腕を磨くことになります。

 

そうなると、やはり周りと連携しながら仕事をしていくこともなりますので、人間関係を円滑にすすめていくことができるようなコミュニケーションは必須。

 

一緒に働く人が気持ちよく仕事ができるような、そんな配慮ができる人材はどんな業界でも引く手あまたです。

 

もちろん、簡単になることができるものではありませんが、働きながらコミュニケーション能力を学び、「人間関係を円滑に運ぶための努力」をしていくことは必須になりますね。

 

そういった努力ができる人は、いつかサロンになくてはならない人材になれるはず。

 

「頑張っていこう」というその気持ちが大切です♪