リンパドレナージュ|自宅で開業するメリット

自分が好きなように仕事ができる、それが最大のメリット

サロンやリラクゼーション施設で働くことのメリットも非常に大きいですが、こういう場所では雇い主や企業側がきちんと経営方針を作っていますし、それ基づいて接客や施術方法も決められています。

 

それに従うことはある意味楽なことでもありますが、「もっとこうしたいな」という自分の意志が出てきた時に、それが通ることはまずありません。

 

最初はそれでよくても、長く働いていれば自分の意志が必ず出てきます。

 

それを考えると、独立をすることで「自分の好きなように仕事をすることができる」というメリットが出てくるのは、非常に大きなことですね。

 

独立をすれば、どういう経営をしてどういう施術をしていくのかを決めるのも自分です。

 

ひとりのお客さんに、どれだけの時間をかけるのかを決めるのも自分。

 

「もっとじっくりとマッサージをしてあげたい」と考えたとき、その時間を自分で調整できるというのは嬉しいですよね。

 

自分で、自分の施術の方法を決めることができる。

 

これは、独立したことで得ることができるとても大きなメリットです。

 

自分のペースで働ける、ということ

独立をすれば、どんなペースでどんな風に働くかも自由。

 

だからこそ、「一日に何人お客さんをとるのか」も自分で決めることができます。

 

ゆったりとしたペースで働きたいのであれば、予約をたくさん入れればいい。

 

そうではなく、自分の時間を大切にしながら働きたいということなら、時間に余裕を持って予約をとればいいのです。

 

この様に、「私はこういう風に働きたい」ということを実践できるのは独立したからこそのメリットですよね。

 

もちろん、独立をするというのは大変なことです。

 

売り上げも経営も自分の責任というのは大変なことではありますが、それをやりがいにして頑張る力も出てくる、これはまちがいなく独立のメリット。

 

能力がある方には、どんどん独立を目指して前向きな努力をしていってほしいものです。