JADP認定「アロマテラピスト」とは?

知っていますか?「アロマ」の意味

ヒーリング系のサロンはたくさんありますが、中でも特によく知られていて、有名な存在となっているのが「アロマ」です。

 

しかし、その知名度のわりに「アロマ」の意味をきちんと理解できている人は少ないので、まずはアロマの役割から学んでいきましょう。

 

「アロマ」は、「芳香」のこと。植物を使った、いい香りがするオイルのことをアロマと呼んでいます。いい香りをかぐと、なんだか心がワクワクしてきませんか?

 

香りによって、楽しい気持ちになったり癒されたり…ということがあると思いますが、そういった人間の感覚を利用して「癒し」に導くのがアロマの役割になります。

 

アロマテラピーは、アロマを利用して疲れた気持ちを元気にしたり、肌のトラブルを改善したり…という療法のことで、現在はこのアロマテラピーを行うアロマテラピストの資格が大変な人気となっています。

 

JADP認定アロマテラピストとは?

JADPとは日本能力開発推進協会のこと。

 

不景気の日本では、まず自分に合った仕事をみつけて、その仕事に就くための知識や技術を身に着けることが本当に大切なことになってきています。

 

日本能力開発推進協会では、そのために仕事に関する情報を提供したり、独自で資格認定をしたりして、多くの人が好きな職業でいきいきと輝くことができる様なお手伝いをしています。

 

そんな日本能力開発推進協会では、アロマテラピストの認定も行っています。

 

日本能力開発推進協会のアロマテラピストは、以下の資格のいずれかについて認定教育機関でカリキュラムを修了させる必要があります。

 

・リンパケア
・フェイシャルリンパケア
・リフレクソロジスト
・ヘッドリンパケア

 

このカリキュラムを修了したのち、自宅での受験が可能になります。

 

勉強内容は、アロマオイルの種類、効果などの基礎知識に関して。他に症状によって変化するアロマの種類や効果などを学んでいくことになります。

 

「癒し」を求める人が増えています

今は、ショッピングモールなどにもリラクゼーション施設が入るなど気軽に癒しを請けられるような空間が増えています。

 

サロンやリラクゼーション施設の数だけ、癒しを求める人がいるということでしょう。

 

それを考えると、こういった施設で働くことができるアロマテラピストの需要も今後高まっていく可能性がありますので、資格を取得しておくと役にたつのではないでしょうか。