リンパドレナージュ資格ガイド

リンパドレナージュについてお調べでしょうか。

 

リンパドレナージュとは、「リンパの流れを改善することが健康につながる」という考えのもとに生み出されたマッサージ手法のことです。現在は、日本でもその存在がよく知られるようになり、技術を学ぶ人が増えてきました。

 

当記事では、リンパドレナージュを学ぶ際に気をつけるべきポイント、資格の取得方法、失敗しないスクールの選び方について書きました。

 

これからセラピストを目指す人にとって、リンパドレナージュの魅力を深く知るきっかけになれば幸いです。

 

リンパドレナージュとは?

リンパドレナージュ・セラピスト

 

1930年代、フランスでデンマーク人のエミール・ボッダー博士によって開発されたリンパドレナージュ。「ドレナージュ」とは、フランス語で「排出」という意味。リンパの流れを活性化させ、身体の中の不要な異物や老廃物を排出するマッサージのことです。

 

元々は医療の現場で用いられたのが始まり。そこから徐々にエステ業界やマッサージ業界が注目し、今ではすっかり定番のメニューになりました。

 

「やせる」「セルライトがなくなる」「小顔になる」「健康になる」「免疫力がアップする」…。

 

まるで魔法のような技術ですが、もちろん魔法ではありません。リンパドレナージュは、医学や解剖生理学の裏付けを持った科学的な技術です。正しい知識を持っておこなってこそ、安全かつ高い効果を発揮できる手法だということを忘れないでくださいね。

 

どんな方法で施術するの?

リンパドレナージュの目的を一言で表すなら、リンパの流れを正常な状態に戻すこと。

 

リンパドレナージュの開発者エミール・ボッダー博士は、以下のように語っています。

 

マッサージ施術者の手技によって、リンパ液が本来の流れを取り戻すと、たちまち細胞の生命は回復し、肌の奥から美しさが蘇るのが実感できます。

 

リンパ液は、身体の冷え・疲労・ストレスなどの影響を受けやすく、流れが滞りやすい性質を持っています。そして、滞りが起きると、健康面や美容面に悪影響を及ぼす原因になります。

 

この状態を解消するため、指先を使ってプッシュ(圧迫)&アップ(弛緩)を優しく繰り返すことで、スムーズな流れを促すのがリンパドレナージュです。効果的な施術をおこなうためには、解剖学、生理学、そしてリンパ系の病態生理学といった医学的な知識が必要です。

 

どんな職場で活躍できる?

セラピストの求人

 

リンパドレナージュをおこなう施術者を、「リンパドレナージュ・セラピスト」と呼ぶことがあります。名称はさまざまあるのですが、ここでは「セラピスト」で統一したいと思います。

 

活躍できる職場
エステサロン・リラクゼーションサロン・介護施設・リハビリ施設・病院・個人サロンの経営など

 

「デトックス」「ビューティー」「ダイエット」といったジャンルと相性抜群のリンパドレナージュ。やはり、美容業界における需要が最も多いです。

 

また、ストレス社会の現代。女性を中心として「癒やし」を求める人も増えています。そんな癒やされたい人々にサービスを提供するリラクゼーションサロンでも、セラピストは求められています。

 

今後も、リラクゼーション業界は急成長していくことが予測されています。ただし、皆さんも知っての通り科学的に解明されていない、不確かな”マッサージ”が数多く存在しているのも事実。

 

そんな中で、元々医療の一環として開発されたリンパドレナージュは、安定したニーズが期待できる確かな分野だといえるでしょう。

 

需要はどれくらいある?

実際にネットの求人サイトをチェックすると、募集案件は100件程度…。「あれ…セラピストの求人って意外に少ないのかな?」と感じられた方もいらっしゃると思います。

 

そんなことはありません。求人を一般募集しているサロンは、ほんの一握り。著名なサロンや医療機関では、より優秀な人材を獲得するために、提携スクール(または通信講座)の卒業生の中から採用をおこなっています。

 

リンパドレナージュは、見た目はソフトなマッサージに見えますが、簡単に習得できる技術ではありあせん。医学や解剖生理学、リンパシステムについての知識を持ったセラピストのみがおこなえる専門技術です。正確なトレーニングを受けていない人がおこなうと、逆にダメージを与えてしまいかねません。

 

そこで、企業側も専門のスクールや通信講座で技術を習得した人のみを募集しているのが現状なのです。よって、これからセラピストとして働きたいと考えている方は、スクールもしくは通信講座の受講がオススメです。

 

評判の良い講座は、以下のサイトでチェックできます。
人気のリンパドレナージュ講座を一覧比較する!

 

リンパドレナージュセラピストになるには?

リンパマッサージ

 

セラピストになるには、一体どのような方法があるのでしょうか。これから目指す人が、一人前のセラピストになるまでの流れをざっくりとまとめました。

 

資格を取得する

リンパドレナージュの場合、国家資格ではないため、特にどこからか学ばなければいけないといった規定は一切ありません。それこそ、いきなりサロンに弟子入りのような形で入って、そこで見よう見まねで技術を習得しても構いません。

 

しかし、規定はないといっても、一般的には各地にあるリンパドレナージュ関連のスクールや通信講座で習得するべきです。

 

なぜなら、リンパドレナージュは、単純な手技で顧客の身体を揉みほぐすだけでは良い効果を与えられないからです。むしろ、逆効果を与えかねません。

 

何度も述べているように、セラピストとして施術をするなら医学や解剖生理学に関する知識は必須です。もしあなたが、不調の改善を求めてセラピーに訪れた時に、知識も経験もないド素人に施術をされたらどんな気持ちになりますか?

 

…当然、嫌ですよね。せっかく施術を受けても、逆にダメージを受けてしまい、「リンパドレナージュってその程度」と思わせてしまったら、とても残念なことです。二度とは受けてはもらえないでしょう。

 

不調の改善を求めるお客さんからすれば、医学や科学が反映されていて、かつ解剖学や生理学を勉強したセラピストから受けたいのが本音です。

 

一人前のセラピストを目指すなら、まずはスクールや通信講座を利用し、基礎医学に関する知識やさまざまな手法、カウンセリングの仕方を学んだうえで、そこからサロンで腕を磨いてください。

 

そうでなければ、お客さんに満足してもらえるような、プロの施術者としては認められません。一人前になるには、しっかりとカリキュラムが組まれた専門のスクールで先生から学ぶのが、遠回りにみえて一番の近道なのです。

 

どの資格を取得するか決める

リンパドレナージュの資格は、いくつかの団体によって発行されています。代表的な資格は以下のとおり。

 

美容系の資格
資格 認定団体
リンパドレナージスト 日本リンパドレナージスト協会
セルフドレナージインストラクター 日本リンパドレナージスト協会
リンパケアセラピスト 日本能力開発推進協会
オリエンタルリンパドレナージュセラピスト インターナショナル美容鍼灸協会
リンパリファインセラピスト 国際セラピスト支援振興協会
日本リンパ整体協会認定資格 日本リンパ整体協会

 

医療系の資格
資格 認定団体
リンパドレナージセラピスト ICAA医療従事者研究会
医療リンパドレナージセラピスト 日本医療リンパドレナージ協会
リンパ浮腫指導技術者 リンパ浮腫指導技能者養成協会
リンパ浮腫療法士 リンパ浮腫療法士認定機構
MLDセラピスト Dr.ボッダーアカデミー

 

リンパドレナージュといっても大きく美容系と医療系に分かれており、さらに美容系と医療系の中でも微妙に手法や目的は異なります。

 

そこでまず、自分の好みや目的、予算、将来性などを加味したうえでどの資格を取得するか決めましょう。

 

また、医療系のなかには、国家資格者(医師、正看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師)でなければ取得できないものもあります。医療系の資格を目指すなら、事前によく確認しておきましょう。

 

この辺りの事情をくわしく知りたい方は、スクール&通信講座の専門サイト「ブラッシュアップ学び」を利用して、まとめて資料を請求してみるといいと思います。無料で送られてくる資料には、それぞれの資格の特徴や試験の詳細が写真やイラスト付きで書かれています。

 

ネットで”こちゃこちゃ”と調べるよりも、紙面で確認したほうが100倍早くて分かりやすいですよ。

 

資格の詳しい情報を調べる!

 

自分の目的に合ったスクールを見つける

どの資格を取得するかが決まったら、今度はその資格が取得できる複数のスクール(または通信講座)から学校案内の資料を取り寄せ、じっくりと検討してみましょう。

 

チャックすべきポイントは、パンフレットの到着の速さ、電話やメールで問い合わせたときの対応、そして講座の内容。

 

自分に合ったスクールを見つけるためには、カリキュラムがしっかり組まれているか、優秀な講師陣が揃っているか、受講料以外にかかる費用はないかといった点を重点的に確認する必要があります。

 

一通り目を通したら、直感で構わないので気に入ったスクールを2,3校ピックアップして、無料体験講習会や説明会に参加してみましょう。そこで、スクールの雰囲気をチェックしたり、講師やスタッフとじっくり話しをしたりすることが大切です。

 

そして、忘れていけないのが、卒業後の就業サポートの有無。就職斡旋があるのか、過去の受講生はどんなサロンに就職できたのか、進路相談にもしっかりと応じてくれるのか、といった点まで確認しておけば失敗することはまずないでしょう。

 

スクール選びのポイントまとめ

・詳しい資料を送ってくれるかどうか
・優秀な講師陣が揃っているか
・カリキュラムがしっかりしているか
・スケジュールに無理はないか
・生徒の人数は適正か(多すぎないか)
・強引な売り込みをしてこないか
・授業料は適正か(ほかと比べて高すぎないか)

 

無料でスクールの資料を一括請求する!

 

資格取得にかかる費用は?

学費

 

リンパドレナージュの資格を取得するには、スクール(もしくは通信講座)に通わなければいけません。ただし、受講料はスクールによってさまざま。長期か短期、あるいは通信講座を選択するかによっても異なります。

 

スクールと通信講座、それぞれの費用の目安は以下を参考にしてください。

 

スクールの受講料

受講期間や授業回数によって、金額は大きく異なります。

 

例えば3ヶ月〜6ヶ月コース(講義&実技=100時間くらい)の場合、最も安くて13万円(教材費・入学金込み)、一般的な相場は30〜50万円くらいになります。逆に、セルフケアや趣味を目的とした短期間のコースであれば3万円〜始められるものもあります。

 

一方、1年コース(受講時間=660時間くらい)の場合、100万円〜が目安になります。月々の分割もできますが、決して安い金額ではありません。

 

多くのスクールで、進路相談室が設けられているので、自分は将来どのような道に進みたいのかをしっかりと考えたうえで選択しましょう。

 

通信講座の受講料

通信講座の場合、通学制のスクールに比べて安価です。どの講座でもそこまで大きな差はなく、3〜10万円くらいが目安になります。

 

ヒューマンアカデミーの場合

参考のために、ヒューマンアカデミー ・オリエンタルリンパドレナージュ講座の料金を掲載します。この講座を修了すると、インターナショナル美容鍼灸協会が認定する「オリエンタルリンパドレナージュセラピスト」の認定証がもらえます。

コース 料金
フルボディケア

58,000円

小顔リフトアップケア

49,000円

美脚ヒップアップケア

49,000円

フルボディケア+小顔リフトアップケア+美脚ヒップアップケア

98,000円

オリエンタルリンパアロマセラピストコース

106,908円

オリエンタルリンパアロマセラピストコース

117,817円

 

資格の難易度はどれくらい?

資格の難易度

 

美容系のリンパドレナージュ講座の場合、スクールであっても3ヶ月〜半年くらいで修了するものがほとんどです。つまり、資格取得の難易度はそれほど高くはありません。

 

ただし、医療従事者向けの資格は全くの別モノです。ハードルがグッと高くなります。

 

一例として、日本医療リンパドレナージ協会が認定する「医療リンパドレナージセラピスト」という資格があります。これは、「リンパ浮腫」の症状に苦しむ人のための施術をおこなうものです。

 

リンパ浮腫とは、たとえば乳がんの治療をおこなう際、転移を防ぐためにワキ周辺のリンパ節を切除することがあります。しかし、手術後に腕がむくむといった症状が出やすくなるのです。

 

そこで、セラピストがリンパドレナージュをすることによって、むくんでいる部分やその周辺の体液を流すように、マッサージをします。すると、体液の循環が良くなり、むくみが改善していきます。

 

ただし、医療リンパドレナージセラピストのような医療系の資格は、医師や看護師、理学療法士などの国家資格を持っていないと試験を受けることができません。医療系資格を目指される方は、事前に条件などを確認しておくことをおすすめします。

 

資格の難易度と、技術の難しさはイコールではない

先に書いたように、美容系の資格を取ることはそれほど難しいものではありません。真面目に受講すれば、ほぼ確実に「ディプロマ(修了証)」はもらえるでしょう。
しかし、資格を取得したからといって、「お客さんを本当に満足させるサービスを提供できるか?」と問われれば、それは難しいと思います。

 

大切なのは、資格を取得することよりも”何を習得したか”です。当然ですが、「資格さえあればいい」という話ではないのです。

 

セラピストはお客さんの体を触ります。セラピストの仕事は、医療行為ではありませんが、体に触れる以上は医学的な知識は絶対に必要になってきます。

 

また、サロンは技術を提供する場所だけではなく、「癒しを提供する場所」という意味もあります。つまり、一人前のセラピストになるには、お客さんが癒される空間を創造し、気持ちよくマッサージを受けてもらえるような細やかな対応も求められます。

 

これは技術を磨くことと同じくらい大切なことです。ぜひとも、意識を向けてみてください。

 

リンパドレナージュを習得するなら♪

ブラッシュアップ学びロゴ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びは、情報量No.1のスクール&通信講座の専門サイトです。全国各地の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。無料で送られてくる資料には、講座の特徴や資格試験の最新情報だけでなく、先輩の体験談や就職情報などが豊富に掲載されています。これからセラピストを目指すなら、まずは資料を取り寄せ、各講座の特徴を確かめてみましょう。

 

無料で資料を請求する

更新履歴